日本の元首相も訪れた、北京の「老舎茶館」

print

北京の伝統文化を味わうのに最適な場所の一つである茶館。著名な作家・老舎の戯曲『茶館』は、形を変え何十年にもわたって上演され続けてきたが、いまだにその人気は衰えず、昔の北京の伝統文化を集約しているといわれている。この戯曲にちなんで作られた「老舎茶館」は、中国の茶道や民族芸術を紹介する場として国内外にその名が知られ、米国のブッシュ元大統領や日本の海布俊樹元首相、タイのマハー・ チャクリ・シリントーン王女も訪れたことがある。明清時代の調度品、天井からぶら下がっている宮廷で使われた専用の提灯、竜井茶やウーロン茶などの銘茶の名前が刻まれた小さな木の札、壁に飾られた書画などを見ていると、まるで北京の民俗博物館のようだ。



「老舎茶館」の最大の特徴は、お茶を味わいながら中国の伝統芸術を楽しむことができる点。1988年に営業が始まって以来、漫才の馬三立や現代劇の名俳優・于是之、京韻大鼓(曲芸の一つ)の駱玉笙などもここで公演を行っており、今でも毎日、「北京琴書(曲芸の一種)」や「京韻大鼓」、「単弦(三味線の一種)」「河南墜子(河南省の曲芸)」などの伝統的な演目が上演されている。

また伝承が途絶えそうな、口の中でロウソクを燃やしながら歌う「含灯大鼓」や、2人の芸人のうち1人がその後ろに隠れて声を出す「双簧」など、珍しい民間芸術もこの場所で観賞でき、観客も琴の演奏や将棋、書道や水墨画、京劇などを体験することができる。


「チャイナネット」より

北京っ子に愛されるソウルドリンク、「北冰洋」

ランキング

北京「老回回軽食店」、超人気の民族料理が朝から腹いっぱいになる

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved