木の温もりが感じられる、北京・「什刹海紫檀ホテル」

print

「什刹海紫檀ホテル」は北京市の中心部の「興華胡同」にある中国式のホテル。もともとは清朝の大将軍の私邸だった。狭い胡同に位置するが、中に入ると広い空間が広がる。インテリアの一つ一つも古い北京の味がして、高級木材「紫檀木」をふんだんに使用して作られた家具はこのホステルの特徴。木の重厚な木目はここの歴史を語っている。



北京伝統的な家屋「四合院」をリフォームして作ったホテルだから、昔ここに住んでいた北京っ子の生活が体験できる。デザインや大きさが違う客室は全部で十室があり、中庭にはグラス張りの天井があるので、日当たりもよい。伝統的な北京家屋の魅力を存分に感じられるロケーションに宿泊してみてはいかがだろう。


<INFO>

場所:北京市西城区興華胡同42番(恭王府花園に近い)

公式サイト:http://www.sch-hotel.com/


北京富山国際ホステル

ランキング

中国茶で美肌になる、茶葉美容法

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved