北京・「大興胡同面茶」で、横丁の中にある人気の朝食を楽しもう

print

「胡同」とは横丁の意味で、「面茶」とはキビの粉を溶かして煮た食べ物。「面茶」には一見してだいたい同じものだが、実際は店によって味は大きく違う。北京の大興胡同にあるこの面茶の店では、よく煮込んだ面茶はとくに滑らかで飲みやすい。



また、かすかな香りが漂い、その上にさらにゴマソースを入れ、ゴマをそのまままぶしたら美味しさは倍増。一口飲んだら、心も体も暖かくなる幸せな一品。


<INFO>

場所:北京東城区交道口南大興横丁7号

時間:毎朝06:00から売り切れまで


北京富山国際ホステル

ランキング

中国茶で美肌になる、茶葉美容法

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved