行列ができる北京グルメ、甘党に目がない「京天紅」

print

「炸餻」、「炸」は揚げる、「餻」はもちという意味で、直訳すると揚げもちのこと。しかしこの北京の「炸餻」は、あんこをもちで作った生地に包んだものを揚げている。あんドーナツにも似た北京の伝統的なスイーツ。



「京天紅」は北京の南にある「炸餻」の専門店。ここの「炸餻」では、皮は黄金色で、揚げたてはさくさくとして、中には餡がいっぱい詰まっている。さらにこの店の人気の秘密は餡にモクセイが入っているため、食べるとかすかにモクセイの香りがして何度食べても飽きない味となっていること。これを目当てにしたお客さんで店の外にはいつも大行列が出来ており、その日によって異なる「お一人様は××個まで」という看板も要チェック。興味のある方は、売り切れに注意して早めに並ぶのがおすすめ。


<INFO>

場所:北京虎坊橋7号(工人倶楽部の近く)

時間:毎日06:00-19:00


北京富山国際ホステル

ランキング

中国茶で美肌になる、茶葉美容法

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved