華北5省ロボットコンテストが北京に開催

print

年に1度の華北5省ロボットコンテストがこのほど北京で開かれた。北京市、天津市、河北省、山西省、内モンゴル自治区などの大学94校の教員・生徒1700人以上がロボットを手に参戦した。今年はスマート物流ロボットチャレンジカップも催された。北京日報が伝えた。

同コンテストは北京情報科学技術大学が開催。コンテストは8競技・15種目に分かれ、94校の763組のチームが参加。ロボットは事前にコーディングされたプログラムに基づき、課題にチャレンジする。ロボットは橋通過とカーブの際に、ジャイロスコープにより角度を自動修正しながら直進していかなければならず、貨物を運ぶ際にはカメラで指定の色を認識し、この情報を制御人員に伝送する。また、メインコントローラーの指令に基づき、ロボットアームが使いボールを掴み、障害物突破では、超音波で距離を測定する。こうした一連の挑戦の結果、中徳IoT物流2チームが全任務をクリアし、優勝を手にした。(編集YF)

「人民網日本語版」2017年11月13日

北京っ子に愛されるソウルドリンク、「北冰洋」

ランキング

北京「老回回軽食店」、超人気の民族料理が朝から腹いっぱいになる

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved