四川名物面料理・たんたんめん

1510898684

担担麺(たんたんめん)は、中国四川省の麺料理の一種として有名です。「担担」のうち、前の「担」は「(荷を)担ぐ」という意味で、後ろの「担」は「(天秤棒で担ぐ)荷物」を意味し、合わせると、「天秤棒で担ぐ」という意味になります。もともとは、麺を天秤棒で担いであちこちで売り歩いたことから、名前がつけられたということです。、ゆで麺に四川風の花椒(山椒の一種)や唐辛子、ごまを入れたタレをかけ、豚肉のそぼろと、野菜の漬物、ザーサイ、ネギなどを載せたものが一般的です。



一説では、1841年ごろ、四川省の自貢で、陳包包というニックネームの人物が考案して、成都でブームになった麺料理だと言われています。もともとは、天秤棒の片側に七輪と鍋を、もう一方に麺や調味料などを吊して、担いで売り歩いたそうです。鍋はまん中に区切りがあり、片方には具を、片方には湯を入れるようにしていました。暖かくて辛い麺がすぐ人気を呼んで、流行るようになったのです。 四川省では「汁なし担担麺」とも呼ばれています。

香港の担担麺は四川のものと少し違います。量も汁も四川のより多いのですが、辛さは四川ほどではありません。具は、豚の挽肉が多く、干し海老を加えている店も少なくありません。薬味には刻みネギ、もやし、ピーナッツ、炒りゴマなどを具として入れる店もあります。


「中国国際放送局」より

中国国際放送局

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved