酒を飲む芸術、酒器を観賞

print

中国には悠久の酒づくりの歴史があり、長期にわたる発展の過程で、「神の品」または「玉の漿(しょう)」と呼ばれる数々の美酒が作られてきた。唐代(618-907年)の著名な詩人である李白、白居易、杜甫などにはいずれも人口に膾炙する酒に関する詩があり、それは今も伝え残されている。歴史の記載によれば、中国人は商の時代(約3700年前)にすでに飲酒の習慣を持ち、酒で神を祭ったといわれる。漢代(25-189年)、唐代以降、黄酒(醸造酒で黄色の酒の総称)のほか、様々な白酒(蒸留酒で白色の酒の総称)や薬酒、果物酒の生産は一定の発展をとげた。その中、お酒を飲むには欠かせない用具として、さまざまな酒器も作られ、お酒を飲むことを一種の芸術にも仕上げた。




「中国網」より

北京で舞台を見たいならこれらのスポットがおすすめ!

ランキング

老舗・文盛斎の伝統的な飾りちょうちんを買おう~

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved