中国白酒を飲むには・飲酒の常識

print

中国白酒、いわゆる白酒(パイチュウ)。アルコールは調味料であり、嗜好品でありながら、栄養品でもあります。1グラムのアルコールが体内で燃焼され、完全に酸化すると、7100カロリーのエネルギーが発生します。これに対し、例えば1グラムの澱粉は4100カロリー、ブドウ糖は3.37カロリーしかありません。適量の白酒を飲むことで、胃液や唾液の分泌が刺激され、安眠にもプラスとなります。このほか、白酒は寒邪を取りのぞき、血の流れを良くする効果があります。適量に飲むと高密度リポタンパク質の量が高められ、冠状動脈心疾患のリスクが低減されます。しかし、白酒はアルコール度が高いため、大量に飲むことは控えてください。過剰摂取するとアルコール中毒になり、肝臓や脳細胞にダメージを与えます。

紹興酒は中国独特のお酒の一つです。中国では黄色いお酒(黄酒、ホアンチュウ)とも呼ばれています。紹興酒は胃や腎臓によく、血液の流れをスムーズにする効果があります。100ミリリットルの紹興酒にはたんぱく質の量が1.2ミリリットルから1.6ミリリットル含まれるほか、18種類のアミノ酸や大量のB族ビタミンが含まれており、美容やアンチエイジングに効果があります。

今のような寒い冬の時期に飲む場合には、暖めて飲むことをお勧めします。加熱の時間は5分以内にしてください。そして温度は50度以下に調節してください。しょうがを入れて煮た紹興酒には、血の流れをよくし、食欲を増進させる働きがあります。


「中国国際放送局」より

あの「馬子禄牛肉面」と同じく中国の老舗認定をもらった北京風のしゃぶしゃぶ店「東来順」を食べよう!

ランキング

北京の「阿吉豆AJIDO」でかわいいアクセサリーをいっぱい買っちゃおう!

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved