北京にある人気広東料理レストラン・悟長年潮汕砂鍋粥香港式蒸し点心

print

「悟長年潮汕砂鍋粥香港式蒸し点心」は北京の人気広東料理のチェーン店。名前が長くて覚えにくいため、略称の「悟長年」で覚えても問題ない。店名にもある「砂鍋粥」は定番料理で、冬になると食べたくなる一品でもある。温かい粥は中国ではよく使う「砂鍋」という容器に入れていただく。これは石焼ビビンバの容器の効果があり、熱々のお粥の温度を長時間保つことができる。



また、広東地方でよく食べられる、ドリアンがたっぷり入った「榴莲奶黄包」というスイーツもとても人気があり、甘いもの好きとしては見逃せない一品である。「榴莲」というのは「ドリアン」、ドリアンといえばその匂いが苦手な人も多いが、普段ドリアンが食べられない人もスイーツなら普通に食べられるという声も多い。また、モチモチできれいな黄金色の皮も食欲をそそわれる。出来立てで熱々の「榴莲奶黄包」を食べる場合、最初の一口は大きすぎるとやけどするので注意すべし。



日本ではあまり食べるチャンスのない点心もたくさんある。例えば鳥の足で作った料理「豉汁凤爪」は、見た目で無理だと判断する人も多いかもしれないが、いったん食べてしまえばきっとこの料理が好きになる。醤油の入ったソースは鶏肉の中にまで染み、コラーゲンも豊富で、特に中国の若い女性の間で大人気。



<INFO>

■悟長年潮汕砂鍋粥香港式蒸し点心

中国語表記:悟长年潮汕砂锅粥港式蒸点

住所:北京市海淀区学清路聖熙8号ショッピングセーターの隣「歓楽匯カラオケ」の二階

営業時間:11:00-23:00



北京富山国際ホステル

ランキング

中国茶で美肌になる、茶葉美容法

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved