日本人ホラー漫画家・伊藤潤二氏の作品展が北京で開催

print

日本人ホラー漫画家の伊藤潤二氏の作品が12月3日、北京今日美術館に展示された。『富江』、『うずまき』、『死人の恋わずらい』、『首吊り気球』など多数の作品の手稿が展示され、うち十数点はハイテクを合わせた拡張技術(AR)を用い、来場者にホラー美学を紹介した。エンゲージメント撮影技術を通し、来場者は自分だけの『首吊り気球』の記念写真を撮影することができる。展示は12月17日まで。


「中国網日本語版(チャイナネット)」 2017年12月5日

北京富山国際ホステル

ランキング

中国茶で美肌になる、茶葉美容法

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved