全国初の「スモッグゼロ・バス」が北京に登場

print

ハイアールがバス会社の嗒嗒巴士向けに製造した全国初の「スモッグゼロ・バス」がこのほど、北京市に導入された。このバスは北京市通州区の富力尚悦居から朝陽区呼家楼地下鉄駅までの約30キロの路線を走る。運行時間は約1時間。このバスは路線カスタマイズ方式を採用し、乗客は携帯電話のアプリで定期券を購入し、平日の通勤時間帯に専用サービスを受けることができる。

同プロジェクトの責任者によると、「スモッグゼロ・バス」と伝統のバスの異なる点は車内にPM2.5浄化機能を備えるクリーン空調システムを配備したことである。空調は車内後部に設置され、蓄電池で作動する。エンジンをかけて15分で車内の空気を浄化し、約40分で3回浄化し、PM2.5を優良水準にする。


「中国網日本語版(チャイナネット)」 2017年12月5日

北京富山国際ホステル

ランキング

中国茶で美肌になる、茶葉美容法

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved