故宮宝蘊楼など建造物100件が「中国20世紀建築遺産リスト」に入選

print

中国20世紀建築遺産リスト第2弾が2日、安徽省池州で発表された。故宮博物院の宝蘊楼等、建造物100件が建築遺産に選ばれた。専門家は、「中国の20世紀の建築遺産の保護・利用が新しい段階に突入したことを示している」とした。新華社が伝えた。



中国20世紀建築遺産リスト第2弾は、中国文物学会20世紀建築遺産委員会の97人の顧問専門家委員が厳選し、中国文物学会及び中国建築学会が連名で公表する。故宮博物院の宝蘊楼や中国人民革命軍事博物館、鼓浪嶼(コロンス島)の近現代建築群など、中国全土25の省・区・市にある100件の建築遺産が選ばれた。

中国文物学会20世紀建築遺産委員会の金磊副会長は、「中国20世紀建築遺産リスト第1弾と比べ、第2弾では文化教育や工業遺産、住居、建築群等が増えており、例えば大慶油田工業建築群や茅台酒醸酒工業遺産群、安徽国潤茶葉祁門紅茶旧工房等、16件の工業遺産が入選した」と紹介した。


「人民網日本語版」2017年12月7日

北京富山国際ホステル

ランキング

中国茶で美肌になる、茶葉美容法

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved