中国社会を理解するための中国語・斜杠青年

1515289501

【斜杠青年】(xiégàng qīngnián)

[名]マルチジョブ青年

「斜杠」はスラッシュ、「青年」は若者、青年。直訳すれば、スラッシュ青年ですが、いくつかの職業を持っている存在を指します。いくつかの職業や肩書きを持っていると、名刺や自己紹介で職業を書く時、スラッシュで区切ることになり、そのあたりから、「斜杠青年」と呼ばれるようになったようです。

例えば、普段はプログラマーで、栄養士の資格を持ち、作家でもあるというような人は「斜杠青年」になります。関連機関の予測では、将来、企業ではフリーランスの社員が大部分を占め、いくつかの会社でかけもちする人がたくさん出てくることになるとされます。こうした一人一人が持つ能力を場所に応じて使い分けるという仕事の仕方は、それこそシェアエコノミーの最たるものではないかと思います。

ちなみに、中国では、1985年以降に生まれた人に「斜杠青年」が多いようです。彼らは物も文化も豊かな時代に生まれ、インターネットの普及と同時期に育ったことから、幅ひろい見識と趣味を持っています。そのため、生活の質に対する需要と期待が親の世代よりずっと高いものになり、ただの「饭碗(fànwǎn)」(=食っていける、家族を養っていける職業)ではなく、自分が本当に興味のある仕事をしたい人たちとして存在感を増しています。

最近、日本の雑誌で「二枚名刺を持つ」といったテーマの特集が組まれることがありますが、今後は日本でも副業が幅広く許されるようになり、「斜杠青年」がたくさん現れるようになるのではないでしょうか。

「中国国際放送局」より

中国国際放送局

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved