北京・冬の定番となった竜慶峡雪祭り

print

北京の冬は寒い、だが寒い時こそ見れる絶景もあります。アイスフォールはその代表的な景観です。まるで滝のように、無数の氷柱が吊り下げ、見るものを絶句させる広大な景色が広がります。そこで、冬だけが見られる北京の絶景スポットをご紹介しましょう。

▲冬の定番となった竜慶峡雪祭り

今年で第三十二回目を迎えた北京・「竜慶峡雪祭り」は北京の名物雪祭りともなっています。今回は20万平米のイベントスペースを用意し、北京世界園芸博覧会と北京冬季オリンピックをメインテーマにし、大掛かりなイルミネーションショーが上演します。また氷雪アート、色鮮やかに飾られている木々もライトアップされ、幻想的でロマンチックな氷雪世界を作りました。



また、「氷の灯」もこの雪祭りの見所の一つ。中国の北方では古くから氷の灯を作る習慣があり、もともとは極寒地帯に生活していた漁師さんが寒い冬の夜に漁に出掛かるときに、ろうそくなどを風に吹かれないようにバケツに水を入れ、その中にろうそくを入れて簡単な照明器具として利用していたが、後に貧しい人は春節の時、提灯などを買うお金がなかったため氷の灯を作って替わりに使っているだげでした。この風習が今にも至り、しかしそれは生活用品から一種のアートとなり、人々を楽しませてくれます。

ただ眺めるのではなく、氷で作った滑り台や部屋、いろいろと体を動かして遊べる氷のアートも存在します。普段なかなか実現できないものがこの寒い冬のおかげで現実となり、きっといい思い出になるに間違いなし。

<INFO>

住所:北京市延慶県旧県鎮古城村北の延慶竜慶峡観光区内

イベント期間:2018年1月中旬~2月末

北京観光常用語・一卡通

ランキング

切れ味抜群な「王麻子はさみ」

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved