北京・近所の公園でも十分に楽しめる氷上スポーツを一挙大公開!

print

お金をあまり使いたくないが冬のレジャーも楽しみたい時はどうすればいいでしょう。そこは頭がとてもいい北京っ子が教えます。毎年冬になると北京の公園には近くの住民でいっぱい。みんなは手作りの遊具を持参し、楽しく氷上スポーツを楽しむ姿はもはや冬の風物詩にもなっています。まずは北京っ子の定番氷上スポーツを見て見ましょう。

♪スケートチェア



まずは定番中の定番、手作り感満載の「スケートチェア」。作り方はいかにシンプル、滑りやすくように椅子の足に木の板や鉄の板を付けたら完成。一部の公園ではレンタルが可能で、別にわざわざ自分で作らなくてもいいです。でも形や素材が異なるスケートチェアを見るのはなかなか楽しい。小さいな子供のために親が愛情を込めて作ったコンパクトなものから、二人がけのチェア、絶対滑らないように見えるがすらすらとすべるものまで、北京っ子の遊び心が窺えます。

♪氷上自転車



実にアレンジところの多い氷上自転車は二輪車、三輪車に別れ、足で漕いでけっこう速いスピードで進みます。よく公園のスケートリンクでこの氷上自転車に乗って競い合う子供の姿が見かけます。時には大人もよく子供のときを思い浮かべただろうか、子供に混じって参加する人もいます。

♪氷上バンパーカー



バンパーカーはもともと遊園地の人気乗り物の一つ。だが北京の冬はやはり氷上バンパーカー。普通の遊園地にあるバンパーカーエリアは割りと小さめで、ぶつけあいやすくてその衝撃を楽しむだが、氷の上になると広いスペースでの掛け合いもできて、ぶつけ合っても衝撃は緩和され、長時間で楽しめます。

以上は北京にある定番の氷上スポーツの乗り物だが、実際に行ってみるとその種類やかたちの多さにびっくりしてしまうでしょう。それでは、北京スタイルの氷上スポーツが体験できる市内の公園をご紹介しましょう。

▲ハイレベルの「什刹海」でデビュー

北京っ子にとって、氷上スポーツといったら什刹海でしょう。日本で例えると夏の湘南といった感じで、レベルが違います。氷上スポーツの種類、参加する人の遊び方、オリジナルの遊具を持つ高い比率、スケートをするおじさんのきれいな技などなどからが分かる、ここは通の人が集中します。



もちろん冬の有名観光地として始めての観光客も多くて、そこはビビらずに仲間に入れてもらいましょう。一見怖そうなお兄さんはけっこう親切に自分の遊具を貸してくれます。もしかして友達が出来るかも♪

<INFO>

住所:北京市西城区の西北部

イベント期間:2017年12月~2018年2月

▲玉淵潭公園

北京有名の観光スポットである玉淵潭公園で開催するこの雪祭りはそのスケールはとても大きい。敷地面積2万平米の中、キッズプレーエリアを設け、キッズキャッスルを作り、子連れのお客さんも一緒に楽しく氷上スポーツに参加できます。また、市内にあることで、ぶらっと行って冬の運動不足を解消するため、簡単なエクササイズをすることもおすすめ。

<INFO>

住所:北京市海澱区西三環中路10号「玉淵潭公園」の西側

イベント期間:2017.12.15~2018.2.11

▲陶然亭公園

北京の西城区にある「陶然亭公園」は1952年に開園した公園。中国伝統な建物は古風な雰囲気を作り出します。中国4A級の観光スポットにも指定されたこの歴史名園は敷地面積なんと56.56ヘクタール、中には水域面積が16.15ヘクタールで、豊かな自然に恵まれ、春になると、カップルや家族がボートを漕ぐ姿はよく見かけます。



陶然亭公園の雪祭りは公園内の西湖と東湖の一部で開催します。スケート、氷で出来た滑り台、氷上自転車がメインで、毎年北京市民だけではなく、多くの観光客も一緒に参加し、冬の北京を楽しみます。氷上スポーツに参加しなくてもほかにも見所がたくさんあります。有名の「陶然亭」はこの公園にあり、「中国四大名亭」の一つとして名高い。また、園内にある「慈悲庵」は元の時代に立てられ今に至り、清の康煕帝の時代では、全国の文人は上京した時、必ずここを訪れるという。

<INFO>

住所:北京市西城区右安門東街「陶然亭公園」の中

イベント期間:2017年12月下旬~2018年2月中旬

▲「鳥の巣」歓楽雪祭り

北京市内最大の氷上遊楽センターとして、オリンピックのメイン会場としてその役割を果たした北京のランドマーク「鳥の巣」では今年で九回目の冬季雪祭りが迎えました。15歳以下の子供は無料で参加することが可能で、グレードアップした今年のイベントでは二十以上の氷雪スポーツを用意し、広い世代も楽しめる雪祭りとなります。



<INFO>

住所:国家体育場「鳥の巣」

イベント期間:2017.12.16~2018.3.4

▲北海公園

北海公園という名前は海と書いて実は湖のこと。今回の雪祭りは湖の南岸と東岸の計3.2万平米のエリアで開催します。氷上自転車やスケート、氷上バンパーカーなどの項目があります。氷上スポーツの種類を考えて、子供も大人も気軽に参加できるスポーツとスリム間すこしアップのスポーツを分け、参加者たちの安全を守り、それぞれが違うエリアで楽しめます。

<INFO>

住所:北京市西城区文津街1号

イベント期間:2017.12.23~2018.2.4

▲頤和園公園

頤和園雪祭りは公園の「昆明湖」で開催します。オーソドックスの氷上チェアから自ら運転可能の氷上観光船まで、バラエティーに富んだ氷上スポーツがたくさん。氷上スポーツのほか、10キロのミニマラソンも参加できます。皇室園林の頤和園内に開催するこのミニマラソンだから、走りながらも周りの風景が楽しめます。



<INFO>

住所:北京市海澱区新建宮門路19号

イベント期間:2017年12月~2018年2月

▲世葡園氷雪フェスティバル

世葡園氷雪フェスティバルは「第三回北京市民快楽雪祭り」の一環として、北京市・延慶区の世界葡萄博覧園内に開催されました。市民を楽しませるために開催したこのフェスでは、さまざまな年齢層も参加できるイベントをたくさん準備しました。

氷で作った滑り台、氷上自転車、スケート、キッズエリア、北京冬季オリンピックに関する紹介など、家族が一緒に楽しむことができます。また、伝統的な民俗を体験するイベントや北京のグルメなど、体を動かすだけではなく、いろんな面で北京の冬を満喫できます。

<INFO>

住所:北京市延慶区世界葡萄博覧園内

イベント期間:2017.12.15~2018.3.3


<文・孫錚>

野菜のしゃぶしゃぶで健康になろう

ランキング

お茶がおいしくなる茶器・「盖碗」

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved