北京に新たな憩いの場、西海湿地公園は建設へ

print

前海、後海に続き、市民にとっての新たな楽園となる「西海湿地公園」が北京の中心地に建設される計画という。新華社が報じた。什刹海西海は北京市徳勝門の西に位置し、積水潭とも呼ばれている。水域面積は7.4ヘクタール。

北京市西城区は10.9ヘクタールの水面と緑地を改造し、湖の周囲の歩道を整備し、湖沿いにある飲食店などが道路や水域にまで出ている場合、全て撤去する。そのようにして、全長1450メートルの湖の周りの歩道を完全に貫通させる。

北京市西城区園林局の高俊宏局長は、「これらの施策の目的は、西海の湿地の本来の景観や豊富で多用な生物を復活させること。そして、都市の湿地の生態システムを構築して、沿岸生態系を回復させ、水の環境を改善すると同時に、湿地の科学普及教育と観光・レクリエーションを組み合わせ、自然に囲まれ、文化的特色のある湿地公園を構築する」としている。

今年、西城区は都市森林公園2ヶ所、ポケットパーク、レクリエーションスペース20ヶ所を新たに建設し、公園緑地半径500メートルのカバー率を96%にまで引き上げる予定。

「人民網日本語版」より

北京観光常用語・一卡通

ランキング

切れ味抜群な「王麻子はさみ」

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved