中国の冬季観光商品、ますます豊富へ

1515809701

中国旅遊研究院の最新の研究結果によると、2016~17年の雪の季節、中国の冬観光の市場規模は1億7000万人、収入は約2700億元に達したことがわかった。中国は冬観光大国であり、冬観光強国に向かって邁進している。

「途牛旅遊網」の予約データを見ると、氷雪観光は冬旅行の主な形になり、その数は中国の冬旅行者の72.4%、スキー旅行者は27.6%を占める。

冬旅行者のうち、雪と温泉を同時に選ぶ旅行者は全体の13.4%を占める。「冷と温」である雪と温泉は旅行者を引き付ける組み合わせで、冬旅行パックの人気商品になっている。中国旅遊研究院は、2021~22年冬、中国の冬旅行者は3億4000万人、収入は6700億元に達し、冬旅行は旅行及び関連産業に2兆8800億元の生産高を生むと予想する。

2022年冬季オリンピックが近づき、中国の冬旅行商品が豊富になり、スキー場などの施設が整備されれば、世界から冬旅行者が張家口、長白山、ハルビンなどを訪れ、有名なスキー場でウィンタースポーツなどを楽しむようになるとみられる。また、中国の冬旅行の消費力増加と雪文化の繁栄に伴い、国内から日本、欧州、米国などの冬旅行が発達している国・地域に行く人も増えるだろう。

ほかの旅行スタイルと比べて、冬旅行はリスクが高く、特にスキーは危険な体験である。しかし統計によると、冬旅行者のうち、傷害保険に入る人はわずか55.2%で、冬旅行者は安全意識を高める必要がある。


「中国網日本語版(チャイナネット)」 より

中国網日本語版(チャイナネット)

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved