「山崎まさよし&竹原ピストル 北京公演」が大盛況

1516685121

日中平和友好条約締結40周年記念イベントとして、「山崎まさよし&竹原ピストル 北京公演」が20日に北京の未来劇院で行われた。全席700席の会場はほぼ満席となるほどの大盛況ぶりで、観客の600人ほどが中国人だったことからも、日本人アーティストへの関心の高さがうかがえた。



昨年末の紅白初出場で話題にもなった竹原ピストルが最初に登場し、「よー、そこの若いの」や「Forever Young」を含む全12曲を歌い上げた。竹原ピストルは会場全体に響きわたるほどの力強い歌声を披露し、観客を魅了し、習いたての中国語によるあいさつを披露すると、会場の雰囲気は一気に和んだ。

また日本の実力派アーティストとして知られる山崎まさよしが続いて登場し、新海誠監督の映画「秒速5センチメートル」の主題歌である「One more time, One more chance」や代表曲の「セロリ」などの全9曲を歌い上げた。ライブサポートにはバイオリンやチェロなどの四重奏チームが参加しており、「セロリ」の間奏にクラシック音楽を取り入れるなど、山崎まさよしの曲に見事なアレンジを加えていた。

山崎まさよしが最後の曲を歌い終えた後、会場からはアンコールがかかり、山崎まさよしと竹原ピストルが再びステージに登場し、山崎まさよしの曲「ア・リ・ガ・ト」をデュエットで披露し、会場は大きな盛り上がりを見せた。

コンサート終了後の取材に際し、竹原ピストルは、「長年海を越えた地でライブをやりたいと思っており、それがやっと叶った。今後チャンスがあれば、中国の地元のアーティストともコラボしていき、日中の文化交流につなげていきたい」と語った。また、山崎まさよしは、「今回は歌の途中で拍手をたくさんもらえたのがとてもうれしかった。思った以上に観客の反応が暖かくとてもやりがいを感じた。日本への中国人観光客も増えているので、今後は日本のライブにももっと来てほしい。もちろん、僕自身も中国でもっと演奏する機会を作りたい」と今回のコンサートの感想を述べた。(文:木村雄太)

「人民網日本語版」より

人民網日本語版

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved