中国文化に関する中国語・腊八

1516841308

【腊八】(làbà)

[名]旧暦の12月8日、ろうはち



由来

「腊」は「腊月」、旧暦十二月の別の言い方。「腊八」として十二月八日を意味します。

「腊」の字はそもそも干物の意味で、旧時には12月になると、来年の豊作を祈るため、神様に干物を供えて祭るイベントを行い、それを「腊祭」と呼びました。秦の始皇帝の時代、この「腊祭」を行う月を「腊月」と呼ぶようになったとされます。祭る日は道教の計算による日なので、一定しませんでした。そこで供えられたのは8種の自然神、穀物という説があり、こうした数に由来し、八日の日に定着したものとされます。

他にもお釈迦様が苦行のすえに飢餓に倒れたのが「臘八」の日で、その日に出会った羊飼いの娘スジャータが差し出した「羊乳(ゴートミルク)の粥」を食べたことで体力が回復し、悟りを開き、ブッダとなった、という話があります。この降魔成道の日がこの日で、そこから「腊八粥」が広く食べられるようになった、という伝説があります。

時代は下って宋の時代、都のそれぞれの寺院で、お釈迦様が悟りをひらいた日である12月8日で行われた成道会で「七宝五味粥」を供えたり、信仰者に贈ったりしました。この「七宝五味粥」はまさに「腊八粥」のことで、この行事が一般化し、民間でもこの日に「腊八粥」を供えるようになったと言われます。

腊八粥

北京の「腊八粥」は最もこだわりが見られ、米以外にもナツメ、ハスの実、クルミ、栗、杏仁、松の実、干した竜眼、干しブドウ、ギンナン、干した青梅の千切り、干したバラの花びら、小豆、ピーナツなどを一緒に煮込みます。また、この具は地方ごとに異なり、20以上のバリエーションがあるとされます。

食べる際には、前日に洗米し、水で戻し皮を剥いた干しフルーツを米とともに夜中のうちから弱火で煮込んで、翌朝に食べます。現代社会ではそれほど時間的余裕がないことから、前日、寝る前に下ごしらえをした食材を炊飯器に入れ、タイマー予約をして、翌朝に食べられるようにする家庭も多いようです。最近では、スーパーの店頭で適量の食材をパックにした「腊八米」を売っているとかで、どんどん便利になっています。出前アプリを利用して、お店に届けてもらうこともできます。

なお、「腊八粥」は砂糖を入れて食べるイメージが強いのですが、塩を入れる地域もあります。北方では、穀物のほかに、干しフルーツなどを入れることが多いですが、南方では、野菜や新鮮な果物を使うお粥もありますし、「腊八蒜」、「腊八豆腐」、「腊八面」など、加工される主体にもバリエーションもあります。この季節に中国を訪れる機会がありましたら、是非一度お試し頂ければと思います。


「中国国際放送局」より

中国国際放送局

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved