北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

廃棄工場がアートエリアに変身!北京798芸術区を巡ろう

1521527626

北京にはたくさんの観光スポットがあるんですが、中では雰囲気がグンと変わるスポットがあり、それは北京の東北部に位置する「798芸術区」です。北京・朝陽区の大子山エリアにあるから、「大山子芸術区」とも呼ばれます。ここはもともと、電子製品を生産する国営の工場だったが、都市の発展に伴い、だんだん使われなくなりました。



2002年の頃、北京や近辺で活躍するアーティストがここに集中し始め、最初は安い家賃で大きな作業スペースが借りられることで人気が上昇したが、やがて多くのギャラリー、画廊、デザインオフィス、ブディックが次々とオープンし、観光スポットとも成長してきました。人が多くなるにつれ、自然にレストラン、バーやカフェも増え、ここで生活する人と遊びに来る人が増えて来ます。



元工場ということで、そのスケールも大きい。総敷地面積は60万平方メートルで、一日で隅々まで全部廻りきることがほぼ不可能だが、大体半日を使って気の向くまま、気になる店やギャラリーに入ったほうが冒険的な気持ちも兼ね、新しい発見があるかもしれません。



入場料は無料だが、一部のギャラリーを見学する時は入場料が必要なので、そこは注意してください。気のまま芸術園を廻るとはいえ、やはり中には目印とする有名なスポットがあります。798で最も歴史のあるカフェ「at Café」はおすすめで、大きいな窓からは廃工場や煙突が聳え、店内から外を眺めるのは時間の流れが感じられます。また、一番有名な「UCCA(ユーレンス現代美術センター)」も必見!赤いレンガで建てられた建物とおしゃれなギャラリーは対照的ですごく印象に残ります。中国のアートに関する展示が多く、インテリアもきれいでモダンな雰囲気を漂い、個展だけではなく、ギャラリーのデザインも見る価値あり!



ここで写真や文字をいっぱい見ても実際の雰囲気が分からないので、北京観光を計画中なら足を運んで、自分で感じてみてはいかがでしょう。

<INFO>

場所:北京市朝陽区酒仙路4号

チケット代:無料(一部の展覧館は有料)

営業時間:10:00-18:00(ほとんどのギャラリーの定休日は月曜日)

※全エリアを周るには3、4時間。

北京旅游网

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved