「春を知る」、中国の立春風習

print

本日2018年2月4日が立春の日。中国の古代の人々の長期にわたる経験と知恵の結晶である「二十四節気」は、現代の我々の日常生活とも密接な関係にある。一年の計は春にあり。立春は、万物がよみがえる春の始まりを示している。現在、立春は農業の節気にとどまらず、中国人が自然の変化を感じ取り、人生について深く考える日となっている。立春から、全てが始まるのだ。



踏青と打春ーー豊作を祈る古代中国の習慣

古代、立春には「鞭春」「打春」という慣わしがあった。これは、土で作られた牛「春牛」を鞭を使って叩くというもので、人々は新たな1年の五穀豊穣を祈った。皇宮に始まった「打春」の習慣は、唐・宋代に盛んに行われた。特に宋の仁宗皇帝が「土牛経」を発布してからは広く伝わり、民俗文化における重要な習慣となった。



この習慣は、かつては儀式的な要素を多く含んでいた。古代の農業はほぼ神頼みであったため、一家全員が神をあがめていた。このことから、立春の慣わしも祈祷が主となった。現在、ほとんどの農村ではこうした習慣が失われ、農業生産も科学化が進み、「打春」に関連する「舞春牛」、「鬧春牛」といった習慣も儀式的な意義を失い、一種の芸術となった。

♪咬春ーー健康を願う慣わし

中国人の伝統行事の多くは食べることが中心であり、これは節気においても同様だ。立春にはダイコン、春餅、春巻などを食べる習慣があるが、これらの総称を「咬春」と言う。東北地方や北京一帯の春餅の味が最もおいしい。焼いた二層の薄い餅でもやしやにらのような野菜が挟まれ、好みに応じて細切りのジャガイモや肉なども使われる。春の訪れを喜び、豊作を祈る意味合いがあり、「春をかみ締める」という意味がある。春餅は合餅、荷葉餅とも呼ばれる。



古代の人は健康のために食事療法を重視していた。「咬春」も健康に役立つ習慣だ。「咬春」で使われる食材(ダイコン、キニラ、ニラなど)は辛味のある食べ物で、中国医学の世界では「辛甘発散は陽と為す」と言われるように、陽の気を守るのに役立つ。

立春を過ぎると天気が暖かくなり、様々な病気をもたらす細菌やウイルスが繁殖しやすくなる。現代医学で言うインフルエンザや髄膜炎、はしか、猩紅熱、肺炎などが発生・流行しやすい。このため、古代の人々は食べ物に気をつけるだけでなく積極的に体を動かし、体のエンジンをかけ、筋肉や骨を活性化させ、抵抗力を高めようとした。これが春遊(春のピクニック)の始まりとなった。

初春の麻豆腐



麻豆腐の炒めものは北京人にとって初春の重要な料理の一つだ。羊の尻尾の油を使い、まず油を加熱するが、過熱しすぎてはいけない。取り出して麻豆腐、(予め煮ておいた)青豆、大豆、短冊切りのニンジンとマッシュルームを入れる。こだわりは何度かに分けて豆乳か水を混ぜることだ。麻豆腐を炒めるには油を多めに入れるが、弱火でずっと沸騰状態にさせることが大事だ。

春に秋の野菜



北京は立春後も依然寒く、作物はない。昔は皇帝以外の一般大衆は裕福でも貧しくても、野菜を保存したり塩漬けにしたりしたものが中心だった。初春は野菜が少なく、塩漬けの野菜が重要だ。一般的なものにはミズナや芥子菜、大根、トウガラシ、ピーマン、セロリ、香菜などがある。秋の野菜の大部分は塩漬けにすることができる。しかし立冬後に塩漬けにしないと、早すぎても痛みやすい。

♪迎春--吉祥を祈る気持ちは古代も今も同じ

「迎春」は最初、国が執り行う祭りの儀式だった。その後、「宜春帖(文字を書いた紙を門に貼る)」や「挂春幡(春幡と呼ばれる旗を立春に掲げる)」など、シンプルで面白みのある慣わしが、徐々に民間へと広まっていった。



春が到来すると、門の周りの壁に「宜春(良い春)」と書かれた紙を貼る。この習慣は唐代の長安ですでに行われていた。江南では、立春には門に「迎春春来、接福福到」の字が書かれた紙を貼る。内陸部の迎春の習慣は大きく異なる。例えば陝西省銅川市には古くから伝わる「戴春鶏」という慣わしがある。立春の日に、母親が布で3センチほどの雄鶏を作り、子供の帽子のてっぺんに縫い付ける。「鶏」と「吉」は中国語で同じ音で、吉祥を祈る気持ちを表している。

つまり、いつの時代も、どこであっても、立春に全てがうまく運ぶことを祈るという点だけは共通している。今日、農耕時代の考え方はすでに過去の物になり、当時の風習はだんだん廃れてきたが、吉祥を祈るという気持ちは今も変わらない。外在的な形から内在的な願いに変わっただけだ。


「人民網日本語版」より


故宮博物院専属カメラマンの仕事とは?

ランキング

中国新年に欠かせない年越し料理とは?

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved