北京観光の公式サイト・北京旅行網-北京市観光発展委員会が運営する非営利的なウェブサイト

中国の各大手航空会社、機内Wi-Fiサービス導入に尽力

1518137995

飛行機はかつて「最後のインターネット情報の孤島」と言われたが、モバイル通信や衛星通信などの技術の発展に伴い、機内Wi-Fiが普及し、乗客が空でもネットサーフィンやミニブログの更新、チャットなどができるようになった。中国民用航空局が発表した『機内ポータブル電子機器(PED)使用評価指南』は春雷と言え、各大手航空会社が「機内Wi-Fi導入」を進めている。

東方航空、南方航空、海南航空など数社の航空会社が機内Wi-Fiの導入時期を発表した。

中国の航空会社の機内Wi-Fiサービスはまだ試行段階だが、航空会社にとっては重大な意味を持つ。まず、機内Wi-Fiサービスは乗客へのサービス向上につながり、乗客が航空会社を選ぶ際に価格とフライト時刻の次に優先する要素になる。また、乗客にとって、機内Wi-Fiサービスは必要なものである。

ある報告は、機内Wi-Fiサービスには今後20年で1300億ドル規模の市場を形成する潜在力があるとしている。航空会社が質の高い機内ブロードバンドを設置すれば、新しい世界が開かれるだろう。

乗客の実体験の面で言えば、通信が遅いこともあるが、空中にいながら「インターネット情報の孤島」ではなくなる。 ユナイテッド航空、ルフトハンザドイツ航空、全日空などの海外の航空会社は早くから機内Wi-Fiサービスを開始しており、航空市場で競争力を高めるには、中国の航空会社も早急に追いつき、差を埋める必要がある。

ある航空業関係者は記者に対し、「空と地上のリンク」は航空会社にとってインターネット時代突入の新たな出発点と言え、今後の発展に期待でき、遅れをとりたくないと考えていると話した。

東方航空は長距離国際路線と166本の国内主要路線の航空機74機で機内Wi-Fiを提供している。

機内インターネット、ビジネスモデルの革新が必要

海外の航空会社は「空と地上のリンク」サービスを早くから導入したが、費用もかかる。中国の航空会社の機内インターネットサービスは有料なのか。

取材に応じた航空会社は、「空と地上のリンク」サービスの「窓口」は未知のマーケットに入ったと同じで、現段階で料金を徴収する予定はないと明かした。今後は実現可能なビジネスモデルが増え、ECとの提携などが見込めるが、ビジネスの成功のために乗客から料金を徴収するとは限らないという。

航空会社は「空と地上のリンク」を新しい付加価値にしたいと考える。乗客を満足させ、乗客を引き込むポイントにし、企業の増益につなげることが航空会社の経営モデルと革新思考の試練となる。

専門家は、航空会社は航空券の割引の調整、カスタマイズサービス業者、EC企業との提携などを通して成功を目指すことも可能だと話す。東方航空を例にあげると、同社の機内インターネットサービスは無料で、現段階で料金徴収の予定はない。

鄒建軍氏は、「関係部門は市場を監督し、航空会社は機内インターネットサービスの提供を理由に自由に料金を徴収することはできない。中国のインターネットの応用を見ると、シェアの概念は機内インターネットサービスにも導入され、航空会社も模索し、新しいビジネスチャンスを探す必要が出てくる」と話した。


「中国網日本語版(チャイナネット)」より

中国網日本語版(チャイナネット)

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved