まだ寒い天気に焼き芋を

print

北京では焼き栗、糖葫芦と共に冬の風物詩と言われるもう一つの味覚は焼き芋です。もちろん北京だけではなく、中国のいろいろなところも食べられる。焼き芋は最も庶民的な味と言えるでしょう。安くて美味しく、学生もみんな食べられるものです。



寒い冬、夕陽が西の山に沈み、太陽が昼間の最後の暖かさを持ったまま消えていきます。しばらくすると、手足がすぐ冷えてしまいますが、そんなときに家族や好きな人と一つの熱い焼き芋を分かち合うことができれば、その幸せと暖かさはどんな美食にも敵わないのではないでしょうか。


「中国国際放送局」より

香港風の火鍋店「行運打辺炉」

ランキング

水道や鉄道など、ガイドブックに載っていない北京の博物館

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved