北京で牛肉ラーメンを腹いっぱい食べよう

1519369956

最近、東京で何かと話題となる馬子禄牛肉面は中国のラーメンブームを巻き起こしました。中国でいうラーメンはただ一つ、それがすこしエキゾチックの「牛肉ラーメン」のことです。ねぎ、スライスした牛肉、ラー油、大根と、とてもシンプルな食材ですが、それぞれの店にはスープの味が微妙に違うことから、どこの店も同じ牛肉ラーメンを出していますが、実際は飽きのない、すこし時間をおくとまた食べたくなる味です。

中国のラーメンといったら蘭州ラーメン

中国では、日本のように、「一蘭のラーメン」や「四天王のラーメン」と、どこどの店のラーメンでラーメンの種類を分けません。なぜなら、ラーメンといったらそれはもう「蘭州ラーメン」でしょう。もはや一種の専用名詞ともなるこの蘭州ラーメン、その名店「東方宮蘭州ラーメン」を紹介しましょう。



ここでは、ラーメンを食べる前、まずスープを一口飲むのが通の食べ方で、それから面をよく混ぜ、酸味の強い中国の黒酢をすこし垂れ、合わせのお供と一緒にいただくとさらにおいしく感じます。また、ここでは自分好みの面の太さが選べぶことが出来ます。全部で九種類の面があり、私からのおすすめの2番の面を選ぶだが、そこは皆さんが実際に試してみてもいいです。

<INFO>

場所:北京市海澱区万寿路天天ホリデーホテルのとなり

北京旅游网翻译

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved