僑福芳草地 最も美術的なビジネス空間

print

トップレベルのオフィスビル、ファッションショッピングモール、高級ホテルや美術センターを一体化とする僑福芳草地(Parkview Green)。ここには美術作品が500点あまり展示されており、そのうち美術家のダリの彫刻作品が40点あまりあります。スペインの他にダリの作品が最も多く保有されているところとして、ショッピングモールのあちこちにもダリの作品が見られます。

一見高そうなショッピングモールというより、ここはむしろ芸術区のような存在で、5.6万平方メートルの芳草地には236mという全国最長の室内長橋と2000平方メートルのギャラリーがあります。

僑福芳草地のデザインは上海のK11に似ていますが、デザイン、空間配分や奥ゆかしさと言ったら、やはり僑福芳草地の方は大胆的で、魅力が感じられます。芳草地ギャラリーと僑福現代美術館は国内外最も将来性のある美術作品を集め、美術を日常化しようとしています。



<INFO>

アクセス:北京市東大橋路9号(尚都SOHOの向かい)


香港風の火鍋店「行運打辺炉」

ランキング

水道や鉄道など、ガイドブックに載っていない北京の博物館

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved