中国の銘茶紹介・「竜鳳茶」編

1520323081

宋の時代に福建南部の建安北苑に皇室用の茶園が作られます。これは福建省のお茶・宋を代表する文章家であり、書道家でもある蔡襄と言う人が福建の長官を務めていたころ、「茶録」という書をしたため、上質の竜茶と茶器を合わせて、皇帝に献上したのが始まりだと言われます。

宋の時代 皇室用の固形茶には竜や鳳凰の型がおしてあったので、これを竜鳳茶などと呼んでいましたが、時代によって、色々な名称がつけられていました。



この皇帝に献上する竜鳳茶がどのようにして作られていたかを説明しましょう。

まず第一に茶摘みです。この一帯は気候が暖かいので、茶摘みの時期も割合早く、普通は二十四節季の啓蟄のころ、つまり三月の始めに始めます。茶摘みは夜明け前に行い、日が上ったらやめます。長い時間 茶摘みをしないのは茶園が荒れるのを恐れるからです。

また、茶摘みは爪で摘んで、指で摘むことはしません。指で摘むと葉の芽が温まってよくないからです。摘んだ茶の葉の最高のものを小さい芽と書く小芽といいます。この小芽から芯を取り出し、水に浸したものを水芽といいます。

第二に蒸すことです。水芽をよく水洗いしてから甑(こしき)に入れて蒸します。蒸しすぎもいけませんし、蒸し不足もいけません。

第三に搾る事です。蒸しあがった茶芽が水で冷やしてから、こしのぎにかけて水分をとり、さらに大しのぎにかけて膏を取り除きます。

第四にすることです。木のすりこぎと素焼きの擂鉢で固形茶になるいつ分づつ磨ります。磨る時には水を加えますが、そのみずを何杯加えるかで製品が変わります。その水は厳しく選んだものを使います。茶をすることにはかなり力がいるので、腕力の強い人がするようにしていました。

第五に固めることです。擂鉢から取り出した茶は指でよくよく均し、揉んで滑らかにます。そして枠にいれて固形茶に仕上げるのです。

第六に乾燥仕上がりです。まず強火であぶり、熱湯をくぐらせ、これを三度繰り返します。その後ハイロと言う乾燥炉にいれるわけですが、火が強すぎて、茶がくすぶらないよう注意します。

ハイロにいれておく日数は固形茶の厚さの違いによって一週間から二週間くらいまで いろいろです。日数が満ち足りたら、湯気をくぐらせ、色だしをして、密閉した部屋に置き強い風で扇ぎます。そうするとよい艶がでるのです。皇帝に献上される竜鳳茶はこのようにして作られていたのです。

竜鳳茶の飲み方です。新茶でない場合は固形茶をまず清潔な容器の中で熱湯に浸します。

表面の膏が一重か二重はがれたところで止め、それを取り出してとろ火であぶり乾燥します。乾いた茶を紙で包み、槌で砕きます。それをヤゲンと言う小さな臼で磨ります。その場合、飲むたびに磨る事が必要です。磨ったばかりの茶は立てたときに色が白くなりますが、磨って一晩置いた茶は色が悪くなるからです。磨った茶はふるいにかけますが、ふるいの目は細かいほどよいのです。お茶を立てるにあたっては湯加減が大切です。お湯がぬるいと大きな泡ができて、よくありません。お湯が熱すぎると泡が立たないのです。又茶を立てる前に湯飲み茶碗を火にあぶって温めておきます。お茶を立てるときには温めた茶碗の中に磨って振るいにかけた固形茶の粉末を茶匙でいれます。そしてお湯をすこし注し、むらのないように匙でかき混ぜます。又お湯を注し、強くかき回します。更に添え湯をし、湯呑み茶碗に四分目ほどのところで止めます。立てたお茶の表面が真っ白になればよくなったと言えるのです。


「中国国際放送局」より

中国国際放送局

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved