「四世同堂」北京風レストラン

print

非常に感化力のある北京料理レストランで、玄関に一匹の九官鳥があり、遊ぼうとするときはいつも黙っていて小さな頭が曲がっているが、だれも見ていないと気付くと、「ニーハオ」と言い出す。北京の胡同のように、店内の道は曲がりくねっているが、ちょっと入ると、中にはステージがあって、快板(伝統民間芸能に使用される竹版を指に挟んで打ち鳴らす楽器)の公演が行われる、装飾はシンプルで典雅で、北京の味が感じられる。



待っているときに冰糖葫芦を注文してみたら、サンザシがほかほかとしている、豌豆黄児が麻雀の様子に作り上げ、非常に人気があって、だれでも注文するそうである、そのほか、杏仁茶、咯吱盒、鹵煮などの北京軽食も絶対お見逃しなく。均等に切られる焼鴨は、肉が新鮮で柔らかく、皮がカリカリで脂っこくない、砂糖を付けて食べてもよい、ソースも入念に調製したもので、北京人の永遠に食べられる良い味である。

<INFO>

住所:北京市西城区西便门内大街85号

北京観光常用語・一卡通

ランキング

切れ味抜群な「王麻子はさみ」

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved