本番北京の味、昔から伝わってくる「北平楼」

print

北平楼の料理はよく知られている家庭料理で、対外経貿大学の西門に位置している、店の入り口に看板があり、下には短い上着を着て鳥かごを提げているお爺さんの彫像が立ていて、生き生きしている、また入り口に二つの「門当(石の台座)」も見える。



二階は食事するところで、飾り付は北京の特色がある、そしてここでは「年夜飯(大晦日に家族で食べる年越し料理)」の予約も取れるので、会社の会食に向いている、料理もいいし、サービスも秩序立つ。この店は本場の北京料理を特色にし、北京ダック、老北京鹵煮火焼、濃厚の豆汁、カリカリの豚の腸の揚げ物、炸醤麺、またたくさんの老北京軽食も必ず注文すべき料理である。


<INFO>

住所:北京市牡丹園西里16号楼

一人当たり:86元


スープ入りの小籠包が絶品の「第一楼」

ランキング

ファッションの街「三里屯」にある日本料理店

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved