隠れ家的な茶屋「拾一区」で本場の中国茶を飲もう

print

目立たない建物の二階に隠しているお店です。和平西橋駅C出口のすぐそばにある住宅区に入り、左手に「西苑出版社」と書いている門があります。そこに入り、二階に上がればひっそりと構える「拾一区」が右の方に見えます。

小さい看板ですが、中にはまるで別世界のように広いです。お店はシンプルな内装がします。その店主と店員はすごく熱心な方です。他所ではあまり売っていないお茶、主に武夷山の「三坑二澗」のお茶を売っています。どのお茶も期待を裏切りません。



大衆向けの安い値段ですので、濃いお茶好みの方じゃないと、一人分のお茶は二人でも半日飲めます。茶葉のほかに、デザートも注文できます。アイスみたいな食感と違う部分にある酸味と甘味はお茶に最適ですので、パーションフルーツムースケーキはここの人気商品です。

住所:北京市和平西街甲2号和平街11区37号棟2階

野菜のしゃぶしゃぶで健康になろう

ランキング

お茶がおいしくなる茶器・「盖碗」

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved