北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

サイクリングコース~大柵欄から瑠璃廠の旅~

1522217810

大柵欄

大柵欄は北京市前門の外にある有名な商店街である。大柵欄街及び廊房頭条、粮食店街、煤市街を含む地域を指すこともある。大柵欄は旧北京中心地帯にあり、南中軸線の重要な一部であり、天安門広場から南、前門大街の西側にあり、東口から西口まで全長275メートル。1420年(明の永楽十八年)以来、500年以上の月日を経て、徐々に賑やかな店舗が立ち並ぶ商店街に発展した。大柵欄には11業界に渡る36店舗が分布している。

瑠璃廠



瑠璃廠大街は北京和平門の外に位置しており、北京で有名な文化街である。大街は清の時代に建てられ、当時は都へ集まり、科挙に参加する挙人らはほとんど一帯に住んでいたため、ここで本や筆と墨と紙とすずりを取り扱っている店舗が多く、濃厚な文化雰囲気を形成していった。ここで骨董品や書道作品、絵を経営しているお店がたくさんある。観光に来たほとんどの外国人が来たがる場所だ。実際、遼の時代、ここは城内ではなく、郊外であった。当時は「海王村」と呼ばれていた所だ。その後、元の時代に官窯が建てられ、釉薬瓦を作るようになった。明の時代に内城を建設する際、宮殿を立てるために官窯の規模を拡大した。瑠璃廠は当時朝廷工部の五大工場の一つとなった。明の嘉靖三十二年、外城を建設する時、ここは城区となったため、城内で器物を焼成するのは適切ではないため、現在の門頭沟区の瑠璃渠村に移転されたが、「瑠璃廠」の名前が残され、今の伝わるようになった。

北京旅游网翻译

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved