臭いはキツイが、味は超おいしいの「螺蛳粉」

print

螺蛳粉(タニシビーフン)は広西省柳州市の料理で、ビーフン(お米で作った麺)の一種です。なぜ螺蛳粉と呼ばれるのかというと、そのスープはタニシの出汁で作ったからです。螺蛳粉は独特な風味を持っていて、酸っぱ辛くて熱々、濃厚な旨みの上でさらさらとしています。螺蛳粉の一番の特色は辛くて生臭いスープです。丁寧に煮込んだ螺蛳粉スープはさらさらとする割に味が濃厚であり、ぴり辛とする割に体に乾燥感が感じられなく、辛い割にのぼせなく(口内炎などの症状が出ない)、濃い香りしている割に脂っこくないです。



水平有限螺蛳粉

この店は華清嘉園の入り口の隣に位置しています。店は地下一階にあり、面積が大きいです。店内の環境は温かみがあって、とてもきれいです。また、店の内装は文芸っぽくておしゃれです。入口のところに店の地図と黒板が見えます。店内にはお客様が書いた絵葉書も見えます。螺蛳粉は原味(オリジナルの味)、三鮮(旨味のある三種類の食材が入る)と干拌(和え麺タイプ)との三種類があります。原味螺蛳粉はクラシックで美味しく、本場の味がします。酸っぱい筍は臭いですが、食べると格段に美味しいです。トッピングの種類は豊かで、ムギレタス、酸っぱい筍、酸っぱいインゲン、揚げゆば、ピーナツとキクラゲがあります。

爽やかな緑豆沙(緑豆を煮込んで作った甘い飲み物)は螺蛳粉に最適です。ここの緑豆沙は丁度いい甘みで、冷たくないし飽きにくいです。螺蛳粉以外にこの店の他のスナックもおすすめです。

<INFO>

住所:北京市成府路35号華清嘉園7号楼B1楼

野菜のしゃぶしゃぶで健康になろう

ランキング

お茶がおいしくなる茶器・「盖碗」

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved