スケールが大きい!鳳凰国際マスメディアセンター

print

鳳凰国際传媒センターは朝陽公園の西南側に位置し、テレビ番組制作、オフィス、ビジネスなど含まれる包括的な建物であります。鳳凰国際传媒センターはメビウスサークルのグラフィックにより、高層オフィス地域をメディアスタジオと統合して、全面的なプログラム製作場所およびその他の付帯サービスを提供するとともに、完全な空間とボリュームにもなります。特別な建築形態は朝陽公園の自然景色と互いに一体となります。鳳凰国際传媒センターンのもう一つの特徴は全面的な開放性であり、人々はこの建物の中でメディアの魅力が感じられます。



鳳凰国際传媒センターデザインのアイデアは、「西洋数学の三次元幾何学モデル」「メビウスリング」からの発想と言われます。メビウスリングの裏表が連結し、上下が相承し、内外が接続する形が西洋から来たものですが、東洋の天人合一(旧中国において、人は天に合一すべきものとする思想。)、道法自然(道は自然に法る)の建築精神と同じです。メビウスリングを基づいて、建築家は構造、材料、人間のスケールや感じを建築の水平線、垂直線及び特定空間形態の制御線の作成要素として考えます。一見して人に強い衝撃感を与えます!

<INFO>

住所:北京市朝陽区朝陽公園南路1号

野菜のしゃぶしゃぶで健康になろう

ランキング

お茶がおいしくなる茶器・「盖碗」

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved