北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

北京の歴史を語る「后門橋」

1523320894

「后門橋」はかつて万寧橋と呼ばれ、北京の中軸線に位置し、地安門から北、鼓楼より南の位置にあった。前門と南北方向に向かい合っているため、都の人々は地安門を后門と呼んでいるため、この橋は后門橋とも呼ばれるようになった。后門橋は地安門外大街に位置する。橋は什刹海が玉河に入る位置にまたがっている。



元代に建てられた橋である。最初は万寧橋と名付けられ、木製構造の橋で、後で石構造に変えられ、海子橋とも俗称された。地安門の北に位置し、地安門は后門とも呼ばれたので、この橋を后門橋と呼ぶようになった。単連アーチの石拱橋である。橋は北京城南北方向の中軸線の北部に位置し、元の都の通惠河にまたがる重要な通水路であり、北京水路運送を研究する印である。

<INFO>

住所:北京市地安門と鼓楼の間

北京旅游网翻译

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved