北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

「天福号」で味付けの豚のもも肉を食べよう

1523500202

「天福号」は北京の有名な歴史あるお店です。清代乾隆三年(西暦1738年)に創業しました。天福号の醤肘子(味付けの豚のもも肉)は既に、北京人の生活に馴染んでいて、お正月や祝日の時に、食卓に欠かせない一品です。北京の伝統的な特色があることから、創業してから200年間、信じられない程ずっと人気があります。噂によると、当時あの西太后が一度天福号の醤肘子を食べたら、とても気に入り、天福号に対し、毎日皇宮に醤肘子を送るように命じました。それからというもの、天福号の醤肘子は皇宮の中で、欠かせない一品になりました。



200年間を経ても、作り方も以前と同じです。ただし、時代の変遷と生産量の増加を受け、天福号も変わりつつあります。作られた醤肘子の見た目や香りでも食べたくなります。そして、食べたら、全然油っぽくなく、美味しいです。

<INFO>

住所:北京市西城区西直門内大街213号

北京旅游网翻译

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved