北京の老舗茶屋でお土産を買おう~

1523512023

春はお茶、お茶は新茶が一番いい。そこで、春でしか味わえない新茶は北京で買うなら、どこで買えばいいか教えましょう。

百年の老舗

「元長厚茶荘」は1912年に創立した、百年の歴史を持つ老舗です。昔、北京市で茶荘を経営するのは全て南の人で、特に安徽人を代表とする呉氏の商売人が多かったですが、ここは初の北の人によって創立した茶屋さんです。全ての原材料が産地から厳しい管理を行うルールを定め、茶葉の品質を元から重視してからこそ、今は老舗の代表の一つまで成長してきました。

<INFO>

住所:北京市西城区西四南大街14号

ジャスミン茶ならここ!

「張一元茶荘」は清朝の光緒26年に開業し、約百年の歴史を経験し、北京で有名なお茶の老舗です。生粋な北京っ子は紅茶と言えば、必ず「張一元」を挙げるそうです。現在、張一元茶荘は福建省、浙江省、安徽省、雲南省及び四川省などで、三十を超える生産拠点を設置し、緑茶、紅茶、白茶、烏龍茶、黄茶、黒茶及び花茶などが生産、加工し、約三百余り種類の茶葉を販売しています。

さらに、百二十余りのチェーン店を有します。そして、張一元のジャスミン茶は「透き通った茶の湯、濃厚な風味、味わいが尽きないほどの香り」を特徴として、国内外のお客様から評価されています。

<INFO>

住所:北京市西城区大柵欄街22号

アイスやクッキーもうまい茶屋

「呉裕泰」は1887年、中国・徽州出身の呉錫卿によって創業したお茶の老舗です。今はもう百年を超えた歴史を持っています。ここではさまざまな茶葉を販売するだけではなく、抹茶味のアイスクリームや手作りの抹茶クッキーもその名物です。知識豊富なスタッフがおすすめのお茶を紹介し、また、きれいなパッケージのあるギフト用な商品も販売しており、きっと気に入るお土産が買えます。

<INFO>

住所:北京市東城区建国門内大街18号


北京旅游网翻译

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved