山あり水ありの「北京青龍湖公園」

print

「青龍湖公園」は北京郊外の豊台区・王佐郷にある青龍湖のとなりに位置します。敷地面積は1000ムーで、北京市内とは20キロ離れていますが、交通はとても便利という利点で、北京市内に最も近い水のパワースポットです。公園内は山あり水あり、森や湖も広大な面積を占め、自然に非常に恵まれている環境です。ほかには露天海水浴場、フルーツ狩りが楽しめる農園、水上レジャー、グルメ、総合サービスエリアなどいくつのエリアに分けられています。



この公園は国際トライアスロンのメイン式場として使われたこともあり、観光客は自由に公園内の徒歩コースを選べます。また、ファミリー連れの観光客に人気の「青龍湖親子楽園」には、子供向けの乗り物や娯楽施設がたくさん備え、子供が喜ぶレジャーでいい思い出も残せそう。

公園の中にある湖は透き通って、遠く離れた場所には山々が囲まれています。春には優雅な白鳥とたくさんの野生のアヒルの群れが見れます。敷地面積60ムーの海水浴場は三段階展開で、徐々に深くなり、子供から大人までも楽しめます。

<INFO>

住所:北京市豊台区王佐鎮怪村の西

野菜のしゃぶしゃぶで健康になろう

ランキング

お茶がおいしくなる茶器・「盖碗」

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved