落ち着いた気分が味わえる「沐茗カフェ」

print

雍和宮西側の五道営胡同はカフェがひしめき合っているが、この「沐茗」カフェは特に静謐な空気に満ちている。五道営胡同は賑やかな「後海」と違い、ホッと一息つけて落ち着いた気分が味わえる。今では若者や観光客の人気スポットになった南鑼鼓巷の10年前の姿のように、お店がちらほらとあるぐらいで、のんびりとした情緒ある雰囲気を醸し出している。



くつろげる雰囲気が漂う店内に入ると、まるで家に帰って来たかのような錯覚に陥る。ここではソファに寝転んであくびをするのも、猫を抱きながら過ごすのも、隅の席で意中の人のことを思うのも自由だ。穏やかな色の照明や温もりあふれる装飾品など、至る所に心配りが感じられる店内で飲む一杯のコーヒーは、心を癒やす良薬になるかもしれないし、良い出会いの始まりになるかもしれない。

カフェは映像メディア関係の仕事に携わる夫と、オーストラリアへの留学経験があり、今は有名な外資企業で働いている妻の夫婦2人が経営している。店のデザインやインテリア選びに関して、たとえばコップやドリンクメニューのデザインなど、どんな小さいな物でも、そのほとんどが夫婦二人の手により生み出された。店内のあちこちには2人の旅行の思い出がちりばめられている。

<INFO>

住所:北京市東城区雍和宮大街の五道営胡同の53号


スープ入りの小籠包が絶品の「第一楼」

ランキング

ファッションの街「三里屯」にある日本料理店

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved