四季の変化が感じる、北京・香山

print


香山公園は北京の西に位置し、188ヘクタールの面積を占め、山林特色を持つ王家園林である。スポット内の主峯たる香炉峯は「鬼見愁(鬼が見ても悩む)」と俗称され、標高557メートルで、今は900年に近い歴史を持っている。香山寺は嘗て京西寺のトップになっていた。清乾隆十年(1745年)は盛んな工事が行われ、京城に知り渡された二十八景を作り、乾隆皇帝から静宜園の名を受け賜った。


香港風の火鍋店「行運打辺炉」

ランキング

水道や鉄道など、ガイドブックに載っていない北京の博物館

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved