千年の歴史を持つ皇家庭園・北海公園

1524792182

「北海公園」は北京にある千年の歴史を持つ皇家庭園です。北京の中心部に位置し、東側は中軸線の最も高いところ、景山です。西側は国立図書館の分館に隣接し、北側は什刹海という観光地と繋げています。中国で最も古く、最も完全に保存されている皇家庭園として、西暦938年から建設が始まりました。西暦1166年、金の世祖によって規模の大きい古典皇家庭園である「太寧宮」が建設され、北宋時代の都に位置する「艮岳御園」の中の「太湖石」も琼華島に移され、一つの池と三つの山という風景が形成されました。



西暦1267年、元の世祖であるフビライ・ハンは大都(現在の北京市)で都を設置し、琼華島及びその湖を皇室地域に入れ、「万寿山太液池」と名づけました。北海公園の発展は、常に北京市の発展と密接に関連しています。西暦1421年に、明朝が正式に都を北京に移り、万寿山太液池が紫禁城の西庭園となりました。清王朝では、1742年から1779年にかけて、乾隆帝によって北海に対して再築工事が行われ、その後の規模と様式が定められました。北海公園の総面積は69万平方メートルであり、そのうち60%が水面面積であり、主に団城、琼華島、東岸、北岸の観光地からなっています。北海公園に入りまず団城に登ります。団城から降りた後、永安橋を渡り、永安寺を経て、白塔に行きます。白塔の後ろから下山し、フェリーに乗って公園の北岸に着き、五竜亭で降ります。その後、西から東へ、北岸を見物します。静心斎を見物して、最後に北門から出ます。

このツアーを通じて、長江以南の庭園芸術を現れる「庭園中の庭園」をご覧になれるのみならず、「九竜壁」、「五竜亭」などの特別な建築や旧跡も楽しめます。「団城の三つの宝物」が見られ、永安寺の獅子はなぜ頭が奥に向くかのがわかり、「大玉海」の水を使って炭酸飲料を作るフビライ・ハンの世界に入られ、イギリスのリバプールで開かれた国際庭園祭りで金賞を獲得した静心斎を真似て作ったミニ景観も楽しむことができます。白塔山から景山や紫禁城を見下ろして、古い歴史と自然の美しさが存分に満喫できます。


北京旅游网翻译

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved