なぜ明十三陵にある人と獣の石像を「石像生」と呼ぶ?

print

北京にある「明十三陵」には神道があります。神道(参道)の両側には12体の人物と24体の獣の石像が立ち並び、「石像生」(陵の前に置かれる石造りの人と獣)となりました。その前に、「石望柱」という六角形の石柱が二つ聳えています。陵墓の前に「石望柱」を建てるのは漢の時代から始まり、儀式の開始を示します。



では、なぜ人と獣の石像を「石像生」と呼んでいるのでしょうか?これは古代の皇帝は儒家「死を生と視する」という理念を信じて、人が亡くなっても、あの世に依然として人間の衣食住を求めると考えていたからです。それで、あの世の生活に応じて、陵園では生きている時の生活を再建しなければなりません。「石像生」は、これらの石像がまるで生きているものを意味しています。「石像生」は死者生前の護衛を象徴するとともに、陵墓保護の意味を持っているから、「石護衛」とも呼ばれています。これらの「石像生」は宣德十年に建てられ、500年間の歴史があり、ずっと明の13人の皇帝に付き添っています。数が多く、サイズが大きく、形が生き生きしており、細かい彫刻が施され、高い文化的と芸術的価値を秘めています。

香港風の火鍋店「行運打辺炉」

ランキング

水道や鉄道など、ガイドブックに載っていない北京の博物館

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved