北京の伝統な軽食を食べよう

1525311929

糖耳朵

また蜜麻花と呼ばれ、北京のお菓子の中ではよく見かけるものである。揚げた形は人の耳に似ているから、糖耳朵とも呼ばれている。揚げあがった後は、熱いうちに麦芽糖に一分間浸すのが「過蜜」という。秋、冬と春の三つの季節に最適。夏は熱いから、蜜が溶けやすい。蜜麻花は淡い褐色をしてつやつやしている。柔らかくて甘口で美味しい。

螺螄轉

螺螄轉は小麦粉、胡麻あん、ごま油、塩、山椒、茴香とソーダを使用する。まず小麦粉、発酵粉やソーダを捏ねて棒状にしてから、約75グラムの塊に分ける。めん棒で平らにのして胡麻のタレを塗ってから筒形に巻いて平らに軽く押す。真ん中から切ってから上の一枚をベースにしてこの二枚を重ねて置き、裏側のヘリをしっかり捏ねる。手で両端を捧げて、任意の一端を中心にし、もう一つの一端を逆方向に向かって曲がってから平らに軽く押してオーブンに入れて焼く。

<INFO>

北京のグルメストリートや街角の屋台で買える。

北京旅游网翻译

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved