河北省の「邢香桐花秀芽」茶が収穫の時期を迎えた

print


河北省邢台市臨城県の西部にある東籬茶園でこのほど、「邢香桐花秀芽」茶が収穫の時期を迎えた。2012年、邢台市の茶芸師は龍井茶の木を南部から臨城県に導入し、新品種の「邢香桐花秀芽」を開発した。現在、この品種の栽培面積は50ムーになり、周辺農家数十世帯の増収を後押ししている。

「中国網日本語版(チャイナネット)」より

スープ入りの小籠包が絶品の「第一楼」

ランキング

ファッションの街「三里屯」にある日本料理店

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved