歴代の帝王と名臣を祭る・帝王廟

print

歴代帝王廟は帝王廟と俗称され、北京の西城区の阜成門内通りの北側にあります。明の王朝の嘉靖10年(紀元1531年)から保安寺を基に建てられて、清の王朝の壅正10年(紀元1729年)に建て直されました。明と清の王朝の皇帝が各王朝を創立した皇帝と功臣を弔う場所です。



乾隆皇帝は何度も見直した結果、弔う先祖は188位の数に決めました。また、乾隆皇帝はさらに「中国の歴史は絶対断つべからず」という観点を出しました。ここは数多くの古代建物の中に、圧倒的な存在感を持ち、、国内外の華人が炎帝と黄帝を祭る、先賢を称賛する、自国の歴史に誇りを持つ、国民の団結力を強めるための重要な文化的な場所だと思われます。

<INFO>

住所:北京西城区阜成門内通りの北側

香港風の火鍋店「行運打辺炉」

ランキング

水道や鉄道など、ガイドブックに載っていない北京の博物館

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved