北京周辺でサイクリングとドライブを楽しもう

print

五月になると、北京の郊外には花が咲いて、山の中にはきれいな道がいくつもあります。これらの道は人工で作られたものですが、周りの山々、木々、村落などの風景に溶け込み、一体になっています。ここでお友達と一緒にドライブして、またはサイクリングで旅を始めませんか。



109国道(北京コース)

「チベットまで行けないのなら、109に行きましょう」というのは北京のサイクリングファンの間で流行っている言い方です。「109国道(北京コース)」は阜成門から西に向かって、京西門頭溝を通す有名な通路で、北京のサイクリングで一番いいコースだと言われています。この道路は京西十八潭、爨柏景区などの観光地を通過するなので、周りの風景がよく、とても有名です。

范崎路



「範崎路」は北京郊外の一番美しいドライブコースの一つです。その周りには雁棲湖生態示範区があり、それを回って運転するのがお勧めです。東に向かったら、雁棲不夜谷があります。桃の花が咲いた山道で車を運転するのは、とても楽しいことです。

古龍路

「古龍路」は延慶の北山あたりの観光道路の一つです。この道路は古崖居から龍慶峡までで、松山、玉渡山などの観光地を通ります。この道路の一番の特色は、落差が大きいため、運転する時に、誰かが背中を押しているような感覚になります。きっと今まで感じたことのない絶妙な運転体験ができます。

安四路(興寿ーー四海コース)

「安四路(興寿ーー四海段コース)」は山に沿って作られた道路で、そばには緑の植物がたくさんあり、特に春と夏になると、緑豊かで、沿線で全然違う風景が楽しめます。この道路は自転車を乗る人の天国で、たまには大型バイクのグループも見かけます。彼らのエンジンからは大きな音がして、なんだかドキドキします。

懐黄路

「懐黄路」は懐柔東環路にあり、その終点は黄花城町で、紅螺寺、慕田峪長城、二道関長城、昌平区の万里の長城をつながる重要な旅行線路です。その中の一部の道では、山の風景、水の風景、花の風景が一体となって、天然な風水画のようにとても美しいです。

昌赤路

「昌赤路」は北京市昌平区の長陵鎮から河北省赤城県までの市級道路です。長陵町から延慶区の大荘科郷へ行く道は全て山道です。頂上まで登って、また山のふもとまで下がります。一部の道路は山側に面し、また一部は谷側に面しています。道路からの眺めが広く、景色も素晴らしいです。

紅井路



有名な「紅井路」は十渡町赤娘口と霞雲峰の郷井児峪の間にあり、全長18.9キロメートルです。房山区西北部のG 108国道と西南部涞宝路をつなぐ重要な道路です。車や自転車が好きな人が楽しむことが出来る道路です。紅井路は北京郊外の一番インパクトなビューが眺める道路で、北京一番美しい農村道路とも言われています。

滦赤路

北京・延慶の「滦赤路」は百里山水風景の中の一番美しい部分を通っています。一歩を進んだら、風景が異なり、すごく綺麗です。滦赤路は、烏龍谷、硅化木などの有名な観光地を繋がる上に、百里山水小鎮ーー千家店町の村観光のブームをもたらしてくれます。

喇碾路

「喇碾路」は懐柔区・喇叭溝門満族郷の中にあります。そこには真っすぐに伸びる樺の木の林があり、まるでロシアの油絵のようです。春になると、山中に牡丹の花が咲き誇り、本当に美しいです。喇碾路で開催する観光フェスでは、喇叭溝門特有の魅力が感じられます。

妙峯山道



妙峯山道は全長20.43キロメートルで、一歩進んだら、風景が異なります。滴水岩、仰天、ラクダ石など自然の観光地があり、また妙峰山香会博物館、碧霞元君の祠(娘娘廟)、遼代皇家寺院仰山棲隠寺など人文的な観光地もあります。


香港風の火鍋店「行運打辺炉」

ランキング

水道や鉄道など、ガイドブックに載っていない北京の博物館

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved