香辛料が豊かな風味を作る・「翡翠金湯」のグルメ

1526435776

「翡翠金湯」とは北京のショッピングセンター「藍色港湾」の東にある美食城の一階の裏にある店。よく整えられて、透明なキッチンで料理をするの様子も分かる。店内にはかさの形をするシャンデリアが吊られ、また赤い灯篭、エスニック感覚の木製のテーブルと椅子がいい雰囲気を作ります。

「胡辣湯(河南風胡椒スープ)」はこの店の看板料理で。「特製(10元)」と「普通(6元)」の二種類に分けられているが、特製のほうのお碗はすこし大きく、入れたも多く、またピーナッツも入っています。胡辣湯はすっごくとろみがあるから、初めて口に入れると、鼻につく辛さが感じるが、その辛味がだんだん口の中でなくなり、さらに食べ続けるときっと好きになります。



胡辣湯と最も相性がいいなのは「水煎包」にほかありません。黄金色に焼き上がった水煎包がテーブルに出された後、さくさくした皮を噛んでから胡辣湯を飲むなんて、この世にない極上の味です!また一口噛むと、餡の姿が現れ、春雨の入った餡がおすすめで、柔らかくてもちもちした春雨に肉、さらに歯ごたえのある皮を加えると、美味しさがこの上ないです。

もう一品おすすめなのは人参とムラサキキャベツで作った料理。その場で蒸しあがったもので、ニンニクとごま油をつけて食べるのが一般的です。色とりどりの旬の野菜の炊き合わせもおいしく、あっさりした人参とムラサキキャベツのほかに、ニンニクの香りもあるので、最高な味です。また、河南省の特色料理「洛陽牛胃袋のしゃぶしゃぶ」、「滋養雑煮麺」、「黄燜酥肉(豚肉衣揚げのとろ火煮込み)」、「一品蛋酥(卵の焼きお菓子)」、「粉漿ラーメン(とろりスープのラーメン)」などもあります。興味のある方はぜひ行って食べて見てください。

<INFO>

住所:北京市復興路69号中鉄ビルC座1階瑞豊園美食新天地内

北京旅游网

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved