麺料理のメニューがとても豊富の「麺合堂」

1526344613

「麺合堂」とは北京にある二階建ての店です。場所はすこしわかりにくいが、紅街ビルの近くにあり、道路に沿って南に歩いて、「羊蝎子」という店が見えたら、その分岐点を曲がるとすぐ近くにあります。

この店の「杏仁茶」は河南省開封市発祥のグルメで、特選アーモンドパウダーを原料とし、アーモンド、落花生、ゴマ、バラ、モクセイ、レーズン、クコの実、さくらんぼ、砂糖など十種類の食材を混ぜてから出来上がります。その色も鮮やかで、体にいい逸品だと言われます。また、砕けたピーナツや黒ゴマ、アーモンドなどの入った違うバージョンもあり、甘みが強いが、しつこくはなく口当たりがいいです。



そのほか、店で売っている有名な開封風軽食の一つである「マッシュサツマイモ」も、長い間に渡って評判が高い。炒めたサツマイモ、砂糖、サンザシ、バラ、モクセイ、青紅絲などを原料とし、ピーナッツオイルまたはごま油を加えて調理して出来上がったものです。そして、「紅燜羊肉(羊肉の醤油煮)」という料理は、火加減や肉質、味つけなどに対する要求が高く手間の掛かる料理だが、この店の紅燜羊肉は火加減がちょうど良く、肉は崩れることなく本来のままいただけます。口に入れると歯ごたえがあり、柔らかいがすぐ砕けるものでもありません。ほのかの甘い香りと肉の甘味、そしてソースの塩味が染み込んで、最高な味に仕上げます。興味のある方はぜひ行って食べて見てください。

<INFO>

住所:北京市工人体育場東路丙2号中国紅街ビル3番ビル1階の東南隅


北京旅游网

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved