流行語で見る中国の変化・ビキニ

print

◆比基尼(ビキニ)

80年代末に流行

流行指数:★★★☆☆

「世界最小の水着」がデザインされたのは、1946年。「ビキニ」と呼ばれるようになった。

その後の十数年、ビキニはヒットすることなく、多くの国が着用を規制するようになった。世界的に流行し始めたのは60年代からだ。

40年後の86年4月。深センで第4回全国エアロビクスコンテストが開催された。国際エアロビック連盟のルールに基づき、この年、国際基準にのっとり、女性はビキニを着用。ビキニが中国にお目見えしたのはこれが初めてで、世界のメディアは注視した。その「露出性」については当時、様々な形で批判されたものの、長期にわたる関心を呼び起こした。


「チャイナネット」より

香港風の火鍋店「行運打辺炉」

ランキング

水道や鉄道など、ガイドブックに載っていない北京の博物館

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved