水道や鉄道など、ガイドブックに載っていない北京の博物館

1526954824

文化や歴史に関する博物館だけではなく、北京にはいろいろな変わった博物館もあります。たとえば水道の歴史に関する博物館や鉄道ファンがきっとわくわくする鉄道の歴史を展示する博物館などなど、それでは北京にあるガイドブックに載っていない北京の博物館を一緒に見てみましょう。

中国鉄道博物館

中国国家級の鉄道専門博物館とした中国鉄道博物館は、北京市朝陽区酒仙橋北路1番北侧に位置して、その敷地面積が1000平方メートルにもあります。中国鉄道博物館は正陽門館、東郊館、詹天佑記念館の三つからなっています。機関車車両展覧ホール、総合的展覧ホールからなる東郊館は北京市朝陽区酒仙橋北側に位置して、その建築面積が2万平方メートルを超えて、2003年9月1日に一般に開放しました。「東郊館」は主に鉄道文化財と研究成果などに関する展覧品の収蔵・保管・陳列・展示・編集・研究を重点に置きます。



中国鉄道博物館の本館とした正陽門館は、天安門広場の東南側に位置して、旧京奉鉄道正陽門東駅の跡から再建されたもので、2010年10月に開館。正陽門館には、主にここ130年来苦難に満ちた中国鉄道の歴史、及び新中国成立以降中国鉄道建設に関する輝かしい成果と好ましい先行きを展示しています。

水道の博物館って行ったことあります?

「北京水道水博物館」は2000年に成立し、中国初の給水専門関連の技術博物館。この博物館は北京・東直門北大街清水苑コミュニティ敷地内に位置し、1500平方メートルの敷地面積で、北京史上初の水道会社である東直門水道会社の旧跡に建てられたものです。



博物館は三つのパビリオンに分けており、それぞれ「艰苦に耐え、事業を切り開き、人民をリードして努力奮闘」、「流れている水に見守られてきた悠々たる歴史」と「改革開放にもたらされた発展」をテーマとします。水道水博物館に展示されている水関連の実物が130点、模型やサンドテーブルが34点、図が110枚があり、北京水道水の100年にわたる歴史を全方位で反映できるといいます。

<INFO>

住所:北京市東直門北大街清水苑社区

警察博物館って聞いたことある?

長い歴史を持つ北京、故宮博物院、中国国家博物院など、中国文化が体験できる博物館がたくさんあります。その中には、そんなに歴史が長くないが、すこし変わった面白い博物館があり、それは北京有名な古い路地「東交民巷」にある「北京警察博物館」です。北京の警察官の歴史が分かる品物がたくさん陳列されています。



また、博物館の建物そのものも一つの観光地で、中国風の伝統建築ではなく、二十世紀はじめに建てられたアメリカ銀行の北京支店の旧跡として、古典西洋風の建物が北京の下町に佇む、すこし奇妙な風景にもなっています。屋外の観光の気分転換として、行ってみてはいかがでしょう。

<INFO>

住所:北京市東城区東交民巷36号

実物の飛行機が見れる博物館

北京航空航天大学にある「北京航空航天博物館」の前身は北京航空館であり、1985年に建てられ、北京航空飛行機構造陳列室、飛行機倉庫の上で拡張されたもので、中国初の航空航天科学技術分野における総合科学技術館です。



展示エリアの面積は8300平方メートル、300点以上の国内国外公認の精選航空宇宙文物及び構造、エンジン、搭載設備などの貴重な実物が展示されており、豊富な科学原理と奥深い歴史を受け継ぎ、展示品はハイテクノロジーで航空宇宙原理及び人類が宇宙へ向かうまでの歩みを見せてくれます。

<INFO>

住所:北京市海淀区学院路37号北京航空航天大学学院路キャンパスの内


北京旅游网

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved