北京の古い路地で昔の北京を体験しよう

print

北京市・南鑼鼓巷の板場胡同に位置する「胡同印象客桟」というコートヤードは、名門校の中央劇剧学院に背向き、「僧王府」という観光地に向かっています。このような文化的な雰囲気の中で、「胡同印象客桟」は昔、北京の古い路地に住んでいた家族の生活を完全に再現しています。



ここの部屋はシンプルだが工夫を凝っています。昔の家のインテリアを真似して、白い壁に竹やキングフィッシャー、または蝋梅などがいきいきと描いてあり、枕元の紙切れのランプからの光も暖かくて気持ちいい。こういう環境に居るだけで、きっと旅の疲れが癒され、リラックスできるでしょう。ここの部屋はすべて南鑼鼓巷の胡同の名で名付けられ、「蓑衣胡同」、「菊児胡同」、「炒豆胡同」、「東棉花胡同」など、覚えやすくてとても面白い。ここに泊まるのは、まるで昔北京の胡同に住んでいるように、伝統で質素な生活を体験することができます。

<INFO>

住所:北京市東城区南鑼鼓巷(ナンロウグゥシャン)板場胡同甲8号

北京観光常用語・一卡通

ランキング

切れ味抜群な「王麻子はさみ」

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved