岩井俊二監督の初中国映画、キャスティングを発表

print

岩井俊二監督が中国進出を果たす作品として期待される『你好,之華』のキャスティングが、このほど発表されました。主演に抜擢されたのは、徐静蕾(シュー・ジンレイ)、趙薇(ヴィッキー・チャオ)、章子怡(チャン・ツィイー)と並ぶ中国四大女優の一人、周迅(ジョウ・シュン)。

本作は同監督の名作『ラブレター』を思わせるセンチメンタルなラブストーリーで、岩井監督自身が脚本も担当しています。また、同作品のプロデューサーを香港の名監督、陳可辛(ピーター・チャン)が務めていることも分かりました。「日本の名監督×中国の名プロデューサー×中国の名女優」という夢のコラボから目が離せません。


「中国国際放送局」より

北京観光常用語・一卡通

ランキング

切れ味抜群な「王麻子はさみ」

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved